目力をゲットするために東京で目頭切開をしました

目頭切開のメリット、デメリット

ただ、実は手術を受ける前、私は心配していることが1つありました。
それはダウンタイムが長くなってしまうのではないかということです。
私は普段はあまり人前にでることはないので、ある程度の期間ダウンタイムが発生したとしても、実はそれほど問題はありません。
しかし傷の治り自体はあまり早い方ではないので、もし目頭切開をして傷跡がずっと残ってしまったら、また腫れた状態からなかなか治らなかったらどうしようと本気で悩みました。
しかし実際には想像していたよりも腫れてしまうこともなく、ダウンタイムもそれほど長くなることはありませんでした。
結局の横路、私の心配していたのはただの杞憂だったと言っても良いでしょう。
傷も目立ちにくかったし、何より少し離れ気味の目が近づいた感じがして、かなり顔の印象が変わりました。
なんとなく姉に対してコンプレックスを抱いていたのですが、もうそれが解消されたと言っても良いでしょう。
ただ私の場合は単に運が良くてダウンタイムが短かったのかもしれません。
また病院やドクターとの相性もなかなか良かったのでしょう。
だからこの結果になったのではないかとも少し思っています。
しかし一般的には目頭切開自体はただ切開すれば良いというわけではなく、かなりバランスが重要になってくるし、高い技術を必要とするようです。
また誰にでもおすすめの方法というわけではなく、その人に合っているかどうかで行うかどうか判断する方が良いのではないでしょうか。
また、私の場合は実は、手術を受けると決めた後も、インターネットを利用して色々と調べていました。
確かに病院側でも説明してもらえたのですが、やはり緊張していたのでその説明の大半が理解できていないのではないかと不安になったからです。
だから利用する病院のホームページだけでなく、目頭切開について扱っているサイトを色々とチェックし、メリット、デメリットなどをみて、自分にとって利用すべきかどうか判断しました。

目に対してかなりのコンプレックス目頭切開のメリット、デメリット一度検討してみる価値は十分ある

目頭切開,東京 / 目頭切開 目の整形 | プリモ麻布十番クリニック